トップページ >  車買取で高額査定を得るコツ >  買取専門業者とディーラーの違い

買取専門業者とディーラーの違い

一般的に、買取専門業者の場合は買取り、ディーラーの場合は下取りになります。

買取とは、自動車を売って現金を受け取ります。

下取りとは、新車を買うときに購入代金の一部に充当してもらうことです。手放す車の査定額が購入金額から値引きされます。

車の買取と下取り、どっちが良いの?

車を買い換えるときに悩むことは、「買取と下取りではどちらがお得なのか?」ということですよね。

ズバリ言うと、買取専門業者に買い取ってもらう方が高額査定になることが多いです。

その理由は、買取専門業者は買い取った車を中古車として売るためのネットワークが構築されているから。逆にディーラーは主に新車を売るのが主な仕事なので、下取りした車の管理にコストがかかります。

また、ディーラーは新車の最大値引き額が決まっており、値引きを頑張っているディーラーほど下取りの査定は安くなる傾向にあります。

そのため、高額査定してくれる買取専門業者に買取してもらい、値引きを頑張っているディーラーで新車を購入するのが最もお得です。