トップページ >  車買取の基礎知識 >  不人気車でも売れるの?

不人気車でも売れるの?

所有していた車を中古車買い取り業者に買い取ってもらったという人も少なくはないでしょう。
では中古車買い取り業者に売った後の自分の中古車は、一体どうなってしまうのでしょう。
最初は、中古車買い取り業者による最低が行われ、買い取り価格に問題がなければその時点で買い取りとなります。
愛車を手放した後は、中古車販売店や中古車買い取りの専門店で、買い取りをしたり下取りしたりします。
また、中古車は新車ディーラーであっても下取りに応じることがあります。
この後は、車を取り扱う業者で行われている自動車のオークションがあり、その時にかけられます。
車のオークションで競り落とされた中古車が、該当する中古車販売店で取り扱われるというルールになっています。
大手の買い取り店の中には、自社で買い取り、販売まで行なうルートが出来ているところもあります。
大手買い取り店は、自らの店舗で販売する場合と、オークションに出品するというケースもあります。
これにより、市場に出ている中古車の価格がそれぞれオークションの相場によって変動する仕組みになっているのです。
中古車を売る場合も買う場合も、インターネットであらかじめ価格や相場をリサーチしておくと、失敗をすることがなくなります。
日本国内で販売が難しいとされる型の古い車や需要のない車でも、国外ならば販売してもらえる可能性もあります。
日本で行なわれる自動車オークションには、海外のバイヤーが購入する場合もあります。
このため、不人気車であろうと古いモデルの車であろうと、とりあえず中古車買い取り業者に査定を依頼してみてもよいのではないでしょうか。